スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレスからくる腰痛。

2014.02.06 13:28|京都整体日記


「前にやってもらってから、ずっと調子よかったんですけど、なんせ急に痛くなったんで・・」



一年半ぶりにご来院の三重県鈴鹿市のMさん。


一週間ほどまえに、物をとろうとしたときに腰にビキッという音が鳴って、それから痛みが強く出始めたそうです。

半身浴をつづけて多少マシになったそうですが、一週間たった今も歩行がかなり辛そうです。






問診のあと施術にはいります。



腰椎3番、腰部周囲の筋肉、

骨盤周囲のズレ。

ストレスからくる内臓系の緊張をとって確認。


「腰が軽くなりました。でも痛みはまだ残っています」

「さっきまでは腰のこのあたりが痛かったんですが、今はなんだろう腰あたりが痛いんですが、痛い場所がよくわからないです」



痛い場所がはっきりしないのは内臓系の緊張由来の痛みに多いタイプです。


ストレス系の内臓の緊張、
恥骨結合のズレ、腰を中心とした姿勢の崩れの調整をして確認。



「あ、大丈夫になりました。でも、反らすとまだ痛いですね」


ここで体の反応がなくなりました。

経験的に、意識上に上らせないと反応が取れないストレス系の緊張だと思われます。



「Mさん、最近なにかストレスありました?」

「え?ええ、ちょっと仕事上でいろいろありまして・・・」



さっきまでは反応がなかった緊張がでてきました。

内臓系に広範囲にはいってる緊張のようなのでこれを解除。


「あっ!めっちゃくちゃ軽くなりました。全然違います!」



お話をしてると現在進行形のストレスのようなので、いったん取れても症状が出て来やすいかもしれないです。

仕事のことで睡眠不足がつづいてるとのことだったので、カラダ自体の抵抗力が弱くなり、ストレスに過敏に反応しているのだと思われますので、

しっかり寝て、しっかり入浴時間をとることで安定の方向に向けていけると思います。

一週間後にもう一度施術のご予約をいただいて今回は終了しました。






スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.05 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。