スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マッサージの効果 その2

2014.02.18 18:10|京都整体日記
マッサージには”筋肉の疲労をとる”という効果があります。
でも、凝っている所を直接刺激すると気持ちがいいけど、悪化する。

これは、かゆみと一緒です。
かゆいところを掻きむしると、気持ちいい。でも、あとで悪化する。



喜んでくれても、お客さんの肩こりを悪化させるならやる意味がない。
そう思って、やり方を工夫していきました。


どうやったら、弱い圧力で体を緩められるのか。
どうやったら、患部にさわらずに緩められるのか。



家でだれかをケアしてあげるという意味であれば、答えは簡単です。

”その人の、一番よく使うところを優しく揉んであげる”

(やさしく揉まないと、筋肉にある防御センサーが作動して固くなってしまいます)


これで十分。


肩こりでも、その人が立ち仕事なら、足を揉んであげる。
肩こりでも、ずっとパソコンをしてるなら、手を揉んであげる。
肩こりでも、目ばかり使う人なら目の周囲や頭を揉んであげる。


凝ってるところに目を向けずに、その人の使うところに目を向けてそこを優しく揉んであげると安全に、悪化させずにゆるめていくことができます。









スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.05 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。