スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三角骨障害。

2014.03.28 11:10|京都整体日記

兵庫県からご来院のバレエをされてる高校生Mさん。

去年の暮れから両脚のアキレス腱付近が痛くなり、病院では三角骨障害と診断される。
整骨院で筋膜の治療や鍼などを受けるが改善せずに紹介で来られました。


「足首をこう伸ばすとビキッと痛みます。背伸びもかなり痛みます」



骨盤の調整。

バレエダンサー特有の姿勢の崩れとその補正による緊張個所を解除して確認。



「あれ、右足の痛みはかなりなくなりました・・左はさっきと同じぐらい痛いかな・・」


冷えからくる内臓系の緊張が腰、ふくらはぎに連動しているのでそれを解除。



「イタタタ、さっきよくなってた右が凄くいたいです。左は大丈夫です」



大量のストレス系の緊張が内臓全体に蓄積しているのでそれを解除して確認。



「あっ、ほとんど痛くないです。背伸びしてもいけますね」


全体のバランスを修正して初回は終了。



一週間後、2回目


「やってもらってから、2,3日は大丈夫だったんですけど、また徐々に痛くなってきました」


症状自体はそれほどでもな
いですが、レッスンがかなりハードで休めないようなので痛みが戻ってきているようです。
回復力が軌道にのるまで、ちょっと回数がかかるパターンだと思います。


姿勢のバランスの調整、
古い緊張層の調整、内臓の緊張からの下腿部への連動を解除


「だいたい大丈夫です。まだちょっとチクッとした痛みがあります」


冷えからくる内臓の緊張を調整


「大丈夫になりました」



3回目、10日後


「今回は4日ぐらいは大丈夫だったんですけど、ハードにやるとまた出てきました」


前回と同様に調整しますが、徐々に短い時間で痛みがゼロの状態になるようになってきました。




4回目、12日後


「アキレス腱のあたりの痛みは、練習後に痛くなっても、翌日には消えるようになってきました。今週はふくらはぎが張っています」



治癒力が、運動による疲労をうわまわってきたみたいでいい具合です。




冷えからくる内臓の緊張が主に反応、あとは、痛い動作をすることによる防御反応。
焦りなどからくるストレス系の反応を解除。


「大丈夫になりました!」


「前は、腕の動きをよく先生に注意されてたんですけど、治療してから肩が柔らかくなって全然注意されなくなってきたんです・・」



今の運動量なら今回の施術で問題ないと思います。
動きのパフォーマンスアップの目的で3週間後にご予約をいただきました。


家で気を付けることとしては、しっかりと半身浴をすることと、
食べ過ぎないことをお伝えしました。


内臓系の冷えとの関連が強いので、温めが重要です。
電気とかだと芯が温まらないので、入浴が一番効果があります。

あとは、ストレスでたくさん甘いものなどを摂取しすぎると、
消化器系の内臓が疲労し、調子を崩しやすくなります。








スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。