スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踵が痛い!

2014.04.14 14:52|京都整体日記

「去年の秋ぐらいから、ウォーキングしていると踵がジンジンするようになってきたんです」

「無理して歩いてると、普段歩くだけでもビッコ引くぐらい悪化してしまいました・・」

「先生のホームページをみてからしっかり入浴するようにはしてるんですけど」



40代の女性Sさん


病院では足底筋膜炎と診断されたそうです。

・歩行で片足をひきずっておられる
・慢性的な腰のだるさ
・手根管症候群で手に力が入りにくい

主な症状はこの3つです。


問診のあと、体を診ていきます。


踵の症状は、冷えからくる内臓の緊張が膝を経由して踵に連動しているみたいです。
内臓もほぼ同様ですが、股関節のズレとも関連しています。
手は思ったより単純で骨格のバランスの崩れによるものだと思います。


骨盤の調整、かなり古い緊張層が反応。
ストレス系の緊張が全体をおおっているのでこれを解除。
背部にもストレス系の緊張


姿勢のバランスの崩れなどを解除して確認。



「手は力がはいるようになりました。足は、さっき踵だったのが土踏まずにかわってきました」


大量のストレス系、冷えからくる緊張を解除



「あれ、アキレス腱が痛いです。足裏は大丈夫です。腰もさっきより軽い」



緊張量がかなり多いですね。


さらに同様の施術を複数回くりかえして確認。


「あ、なんでやろ、膝の裏がダル重いです・・・足はなんともない」


膝を経由した緊張なので、自覚症状が膝にでてきました。


時間切れで、初回はここで終了。





一週間後、2回目


「手はもうなんともないです。腰もあまりかんじなかったです。足裏がつっぱってるのと、膝がやっぱりしゃがんだ時とかに違和感があります」




前回ほど強烈な量の緊張はなさそうです。

冷えからくる内臓の緊張は今も反応があります。
下半身の緊張層を解除して、半月板のズレを修正


「膝、大丈夫ですね。屈伸も違和感なくなりました。足も大丈夫です。」

「腰がぼんやりダル重いです」


再度冷えからくる内臓系の緊張を解除



「なくなりました!すっごい軽い。息がしやすいです!」



冷えの影響が強いので入浴を欠かさないようにお伝えして終了しました。

マラソンがしたいとのことだったのでひと月後のご予約をいただきました。

















スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。