スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術だけはしなくない!

2014.05.15 12:04|ひざの痛み

大阪からご来院の60代の男性、Fさん。

「4年ほどまえから、両ひざが痛くなって、だましだまし仕事をしてたんですけど、去年の終わりぐらいからもう、どうにも我慢ができないぐらいいたくなりました」

鍼や整体にいったそうですが効果がなく、病院では手術しかないといわれているそうです。
屈伸は、痛みのためわずかにしか曲がらない状態。
歩行するだけでもかなり傷むようです。


問診のあと、さっそく診ていきます。


内臓からのストレス系の緊張が大量に反応。
お仕事の影響か、腕から筋肉疲労の反応が強いです。

解除して確認。


「うーん、全然かわらんね」


患部と患部周辺の可動域の修正


「ああ、ちょっと軽くなってきたかな」


古傷との連動を解除


「膝はかわらんけど、腰はえらい軽くなってきた」

大量に反応するストレス系の緊張を解除を繰り返し。


「右ひざは、半分ぐらいになったわ。左は違和感程度」

ここで初回は終了。



1週間後、2回目

「あきません。帰りにはもう痛みがもどっていました」


前回と同様に施術していきます。
今回も前回と同様、ストレス系の緊張が大半ですが、前回ほどの量はないかんじです。

最後に進行形のストレス解除をおこなって確認。

「うーん、全体的に軽くなってるけど、劇的にかわったわけではないなあ」


3回目は、やめたほうがよいかどうか判断に迷うところですが、どうしても手術はさけたいので継続したいとのことで、一週間後に再度施術することに。


一週間後、3回目

「あのあと、2日後ぐらいから急に楽になって、今は右に違和感があるぐらいで、左はもう全然大丈夫ですわ」


ストレスが主因なので、痛みの出方、引き方が極端なケースです。
それにしてもこんなに極端なのも珍しい。


前回と同様の施術で、ほぼ屈伸ができるぐらいまで改善。
今回は短時間で終了しました。


4回目、


10日後、

「仕事して疲れてくると違和感がでてきますけど、もう全然違いますわ。楽です」


4回目の今回は微調整だけして痛みなくなり終了。

ストレス要因が強いのと、お仕事が力仕事なので、ぶり返しやすい環境ですから、しばらく月一のメンテナンスが必要かと思います。


患部に問題がなく、要因の大半が精神的なストレスの場合は、痛みがその場で引かなかったり、移動したりすることもありますが、今回はちょっと極端なケースで、こういうのはやってて焦りますね。











スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.02 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。