スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身体を守るための緊張。

2014.05.19 11:17|京都整体日記
2年ぶりぐらいにご来院の、三重県のMさん。


「2週間ぐらい前から、急に肩凝りがひどくなって、頭が痛いです。食べてもすぐに気分が悪くなって戻してしまいます」


病院の検査では、異常は発見できず。
ざっと見た感じ、内臓系の冷えが主要な原因のようですが、他になにが影響しているのか・・・

問診のあと、体の状態をみていきます。

腰周囲の筋肉に防御反応。
なんども反応します。

「Mさん、腰にマッサージかなんかされましたか?」

「え、ああ、ひと月ぐらい前に腰が重だるかったので、最近できた2980円のマッサージで腰を重点的にやってもらったんです」

なるほど、それか。

防御反応を解除して確認。

「あっ!肩が軽い!半分ぐらいになってます!」


肩、腕周囲の防御反応、内臓系の冷えの反応を取って再確認。


「なくなりました・・・目がすっごくハッキリみえるようになってます・・」




症状がきつい割には、簡単に終了しました。

もともとは、冷えからくる内臓の緊張が原因の腰痛だったのが、マッサージで患部を刺激することで、腰部が緊張。
肩と連動して肩凝り、頭痛が起こったようです。


私ももともとは、クイックマッサージ出身なので、揉んでもらったときの気持ちよさや、
やってくれる方も真剣にやってるのはよくわかるのですが、痛みやだるさがあるところをマッサージすると、
数日から数週間かけて悪化してしまいます。

そして、その悪化には、やった方もやられた方も気が付かないことが多いと感じます。


もし、マッサージに行かれる場合は、辛いところは触らないようにお願いして、圧力も弱めに揉んでもらうようにお伝えするのがよいと思います。

痛い部分には、触れない。自然に任せる。というのが一番の対処法です。
食べ物を取りすぎないようにして、しっかりと入浴することだけで十分。
そうするとほとんどの場合は、数日で回復していると思います。






スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。