スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アキレス腱の痛みと、バレエの動き。

2014.05.22 17:47|京都整体日記
名古屋からご来院のバレエをされてるKさん。中学3年生。

3年ほど前から、アキレス腱が時々痛くなり、徐々に悪化。去年MRIで三角骨障害と診断される。
手術で三角骨を取り除き、練習に復帰するとまた同様の痛みが発生したので来院されました。

「右足なんですけど、曲げ伸ばしすると、アキレス腱のあたりが痛くて、背伸びができないです」


つい最近まで、コンクールのため無理をおして踊っておられたそうなので、
患部を守る防御反応が、整体の施術以上に強くなっていないかどうかが一番の焦点になりそうです。


問診のあと、体を診ていきます。


足の痛みの要因を診ていくと、
・距骨のズレ
・脚全体のバランスの崩れ
・ストレスによる内臓の緊張

この三つが症状の要因のようです。

内臓系の緊張、股関節のズレ、姿勢の調整などを行って確認。

「足を伸ばすのは大丈夫になってきました。背伸びはちょっと痛いです。」

症状が減ってきました。
防御反応がそれほど大きくないので一安心。

同様に、堆積した緊張層を解除していくと、距骨のズレが反応。
調和して確認。


「あっ、立っても大丈夫です。じーっとしてたらちょっと違和感があるぐらいです」


これで取れてるはずですが、何か残っているのか・・・

「そういえば、手術をしてから足の裏が凄く硬くなった気がします・・」

なるほど。
足裏に可動制限がおこっているのでこれを解除。


「大丈夫です。違和感もなくなりました・・」


少し時間があったので、
以前から
”右のひざが入らない”というバレエをされてる方特有のお悩みがあるみたいなので、それを調整。


「うわっ!すごい綺麗に入る!」


なぜか、足の痛みがとれたよりもうれしそうにされてます。

アキレスの痛みは原因をとりきったので、ぼちぼちお稽古されてもよいと思いますが、


・甲がでない
・股関節の柔らかさの左右差


など、いくつか気になることがあるそうですので、2週間後に全体の調整のためにご予約をいただきました。







スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.07 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。