スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胡坐がかけない。

2014.07.17 19:08|ひざの痛み
神戸から紹介でご来院のヨガインストラクターのSさん。
30代、女性。

3か月ほど前、ヨガのポーズのときに膝の裏に違和感を感じたのが最初だったそうです。
そのまま続けていると、痛みが膝からフクラハギ、足首までに広がり、今はあぐらはかけない状態に。
かばっていたからか、2週間前ぐらいから腰にも痛みがでてきた。
病院では、MRIで半月板損傷と診断され、注射するも効果がない状態。


問診のあと、さっそく診ていくことにします。


骨盤の精密調整、
尻餅のあとなのか、尾骨が古い緊張層と連動しています。これを解除。
骨盤のゆがみが複雑になっているのが痛みの要因の一つのようです。
調整して確認。

「あれ、胡坐がちょっとかきやすくなってきました。でもまだ、痛い」

身体のバランス調整。
主にストレスによる内臓系の緊張が、バランスを崩しているようです。
これらを解除。


「あ、違和感がちょっとありますけど、さっきとは全然違います!」
「正座もやってみていいですか?・・・ちょっと詰まった感じがありますけど楽です。」


骨格の調整で、股関節、半月板が反応。


「大丈夫です。」
「あれ、でも腰がさっきよりも痛いです。なんか、ビッキーンっていう感じの痛みがあります」


腰は、肘関節のズレが反応。
腰そのものが古い緊張層と連動しているのでそれも解除。


「あっ、腰の痛みがスーって抜けました!」


ヨガをされてるから、体の反応がすごくいいですね。
普段から入浴もしっかりされてるから、治りは早そうです。


インストラクターの仕事の頻度なども考えると、もう一回やれば安定すると思います。












スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。