スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半月板損傷、手術後に痛み再発。

2014.08.31 15:42|京都整体日記

「一年ほどまえに左の半月板を手術したんですけど、一か月ぐらい前にバレエのお稽古中に膝がグキッってなって、
それから、歩くだけでも痛くなってきたんです・・」


メンテナンスでご来院いたくバレエダンサーのNさんの生徒さん。
30代、女性。

歩いていると明らかに片足をひきずっているので、痛みの程度はわかりやすいですね。
片足に体重をかけるだけで、かなり痛むむようで屈伸運動は不可能な状態。


「ちょっとでも早くお稽古がしたいんでよろしくおねがいします!!」


問診のあと、お体の状態を診ていきます。
患部周辺と、足首にストレッチからくると思われる防御反応。
影響をみるためにいったん確認。


「あれ、体重掛けてもいたくないです。歩くのも、つっぱりはありますけど大丈夫です・・」


早く治そうとおもってストレッチしすぎたみたいですね。
大腿筋のストレッチは、膝痛に有効だと書かれてるサイトが多いですが、やりすぎると防御反応がおこって悪化の原因になります。

腹部に、ストレス、冷えからくる緊張層が多く反応。
下半身の運動ラインのズレ。
バランスの調整などをして確認。

「下までいくと、膝の奥がいたいですけど、一応屈伸できます!」


膝の可動域が、腹部の緊張層、腕の運動ラインのズレなどによって制限されているのでこれを解除。

「あ!いけます。ほとんど痛くないです!」
「腕もすっごい軽くなりました!」


初回はこれで終了。


一週間後、2回目。


「あれからやってみましたけど、思いっきりひねったりしなければ大丈夫でした。」
「ポワントの動きで、外側がちょっと痛いぐらいです」

経過はいい感じですね。

今回も、前回と同様に、内臓系の緊張、股関節のズレなどを修正。
室内でできるすべての動作で痛みがないのを確認して終了しました。


「先生の整体、なんかめっちゃ不思議ですけどおもしろいです」



ひと月後のメンテナンスのご予約をいただきました。

バレエをされる方は、もともとの姿勢から、バレエの姿勢を無理につくることによって、
いろんな個所にねじれがおこって運動ラインが崩れる傾向を感じるので、メンテができれば一番ですね。










スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。