スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足の中の異物。

2014.09.10 15:28|足底筋膜炎
ご紹介で、左京区からご来院の50代男性、Mさん。

「いやー、先生、足の踵のところがめちゃくちゃいたいんですわ。」
「それも痛いのが、表面やなくて、踵の中に、板みたいなもんが入ってる感じですわ。」
「縦と横に二枚はいってるみたいで痛くてね・・」

なるほど、奥の異物感だと、かなりの蓄積がありそうですね。
一般的に、痛みが表面的なほど回復しやすいですから、奥におおきな異物感だとやっかいだと思います。

問診のあと、診ていくことにします。

ご自身でのケアが不適切だったのか、防御反応が蓄積しています。
ストレス系の内臓緊張。
腹部から、足にかけての緊張を解除して確認。

「ちょっと軽なりましたわ。でも奥は痛いなあ。変わってへん。」

問診時にお聞きした臀部の手術痕からくる連動を解除。
内臓から膝に連動する緊張を解除。

「あ、さっきよりもまだ、軽いな。奥の異物がちょっとちいそなってきましたわ」

同様にレイヤーをどんどんはいでいきます。
時間いっぱいまで解除して最終確認。

「奥にある痛みの芯みたいなのが、一つはかなりちいそなって、全体的には、表面にちかづいてきました」


ここで初回は終了。


二回目、10日後。

「あれから、痛み自体はまえにくらべたらかなり楽です。前の終わった時と奥の感じはいっしょですね」

二回目は、初回と同様に大量の緊張層を時間をかけて解除。

「奥の異物は、かなり薄くなってきました。なんか皮膚のすぐ奥ぐらいまできました」

三回目、一週間後、
  

「痛みはなくて、チリチリしびれるような感じになりました。あとは芯みたいなのがなくなって、足裏にもう一枚ゴムをはったみたいな変な感じだけが残ります」

「いや、それよりごっつい夜が眠れるようになってきましてん」

緊張量の総量がかなり減った感じ。


四回目、

「ゴムみたいなのが、踵やったのが足先に移動しました。でももうほんのちょっと。」

もうひといきですね。
全体の緊張量もほとんどなくなってきました。

残っている内臓系の緊張層を、繰り返し抜いていって確認。

「ああ、うん。なんかかゆいような感じがあるだけで、もうゴムくっついてるみたいのはほぼないね。」
「ごっつい楽やわ」

思った通り、足底筋膜炎での奥の違和感は手こずりますね。
違和感が少しのこるかもしれませんが、あとは自然にとれると思います。






スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.01 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。