スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膝の痛みと食べ物

2014.11.08 13:54|京都整体日記
以前に半月板損傷で通院されてた、
高槻市のMさん。78歳女性。
一年ぶりのご来院になります。


「せんせ、あきませんわ。また膝痛なってきました」
「あきません。杖つかんとあるけしません」


半年前にみたときは、
良い状態に回復していたので、今回はなにが痛みの要因なのでしょうか。


問診のあと、患部の状態をみていきます。


症状の原因を診てみると、
ほぼ冷えからくる内臓系の緊張のようです。


身体のバランスを取りながら、
蓄積した緊張を掘り下げていきます。
予想通り、緊張要因はほぼ冷え。
あとはストレス。
一旦確認

「あ、膝はえらい軽なりました・・」
「なんかちょっとふらつきますわ」

歩行時の筋骨格を調整して再確認

「フラフラするのなくなりましたわ。軽い軽い!」

階段の昇降等してもらいますが、
痛みは完全になくなったようなので今回は終了。


「Mさん、なんか冷えるようなもん食べたりしました?」

「え、わたし柿が好きですねんけど、今年はようさんもろたんで、毎日食べてるんですわ」

「おいしいから、毎日4個ほど食べてますねん」

「4個!!それ食べ過ぎですやん」

柿の食べ過ぎでおなかを冷やしたのが原因みたいです。

しばらく長めにお風呂につかることと、
柿をちょっと減らしていただければもう問題ないと思います。

前回もそうでしたが、
今回も、帰り際に杖を忘れて帰られました・・・・
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.01 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。