スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰痛と運動

2014.11.29 17:22|坐骨神経痛

大阪からご来院のサッカー少年K君。
半年ほど前に、サッカーをしているときに腰痛が発症。
近くの接骨院で治療するが、だんだんひどくなり、腰から右のお尻、足先まで痛みが出るようになってしまったそうです。

3か月前からは完全に運動を中止し、治療に専念していますが症状はひかず、紹介で来院されました。

軽く足を引きずるような状態で、前屈などはほぼできない状態です。

問診のあと、さっそ玖お体の状態を診ていきます。
はじめに、大まかに原因となる層をさぐっていきます。

予想通り、ストレスによるものが大半。
あとは、冷え。

比率7:3ぐらいでしょうか。

まずは、今までの治療やストレッチなどで本来の緊張を防御層がおおっているので、
これらを解除していきます。

一旦確認。

「あれ、お尻の痛みなくなってる!ふくらはぎから足と、腰はまだズキズキします」

仙骨、尾骨の修正。
腰部深層筋、捻挫のあとなどを解除。

「足の痛みもないです!腰はまだ曲げると痛い!」

おもったより簡単そうですね。

ストレス、冷えからくる内臓系の緊張を解除。
尾骨が古い緊張層とリンクしているので是を取って確認。

「おー!スゲー腰も曲げても大丈夫です」


症状の経過の割には簡単な感じがします


2回目、一週間後

「前と変わらずに痛いです。前よりも痛くなってるかも・・」

あれ、おかしいですね。
経過からすると、5割も痛みはもどらないとおもってたのですが。
ストレスが強すぎたのか・・・

またお体を診ていきます。

かなり強い防御反応に覆われていて、その下の層がすっぽり隠れています。

「K君、なんかトレーニングした??」

「え、はい。トレーナーの人が腰痛には腹筋がいいっていわれたんで、一日100回ぐらいやれって・・・」

「・・・・」


腹筋運動からくる防御層をみてると、
かなり強くバランスに影響を与えています。
これらを解除して確認。


「えー!!全然痛くなくなってる・・」


もともと前屈で痛いわけですから、
腹筋運動は、仰向けになった状態での前屈とも言えます。
しかも、上半身の体重が腰椎にかかりますから、
腰が痛いときの腹筋は避けなければいけないケースです。

他の要因はとりきったので、これで大丈夫だと思います。

あとは、
・しっかり入浴をする
・冷たい飲み物をひかえる

この2点だけ注意していただければ問題ないです。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.03 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。