スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疲労骨折の痛み。

2015.01.30 18:00|シンスプリント

名古屋からご来院のM君。

高校1年生。
中学時代から、脛の慢性痛、”シンスプリント”に悩まされています。

痛みがとれては、練習復帰、ハードにやるとまた痛くなるを繰り返しておられます。
1月半ばの練習中にまた痛みがぶり返したので病院でMRI検査。

結果、”疲労骨折”と診断される

整体は緊張をとることで、慢性痛の原因である”緊張痛”を改善することはできるけど、
痛みの原因が損傷の場合は効果はほとんどない。

疲労骨折なら、痛みはとれないはずなので、ご予約はお断りしていたが、
どうしてもということでご来院いただきました。

問診のあと、体の状態を診ていきます。

走る状態をシミュレートしてみると、
バランスがかなり崩れた状態。

バランスを整えながら、全体の緊張層を解除していきます。
動きをシミュレートしてみて、問題がないので、実際に痛みを確認。

「あ、ジャンプした時の痛いのがかなり楽になってます」
「押したらまだ痛いです。」

古い緊張層の中の、患部周辺の調整をして確認。

「ジャンプ大丈夫になりました!」
「押したらまだ痛い・・けど、なんか軽い気がします」

下腹部のストレス系、冷え系の緊張層を解除して最終確認。

「あれ、押しても痛くないです!」

患部を軽くたたいてもらったり、階段ダッシュなどをしてもらっても痛みがないので施術は終了。


骨折が痛みの原因なら、押した痛みはとれないはずなので、
今回は、疲労骨折は痛みとは直接つながってなかったようです。

外傷による骨折と違い、疲労骨折の場合はこういうケースもあります。


あとは、

・ふだんからしっかり入浴すること
・患部をマッサージしないこと

この2点を守ってもらえれば、
おそらくこれで大丈夫だと思います。









スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。