スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改善のためのマッサージ。

2015.02.07 17:16|京都整体日記

クライアントさんの中には、自分でマッサージをして悪化させたり、
治療院で患部を揉まれて悪化させてくる人がわりと多くおられます。

根本的にマッサージのやり方、運用の仕方に問題があると思います。

マッサージをするときに重要なことは、

1、患部を揉まない
2、ツボを押したり揉んだりしない

この2点が一番大切なんですね。

よくマッサージ屋さんにいくと、上手にツボを刺激してくれる人がいます。
気持ちよさを重視するならそれでよいのですが、
改善させるのを重視する場合はこれはよくないんです。

これをやると、ほぼ確実に悪化、慢性化がすすみます。
ちょうど、虫に刺されてかゆいところを掻き毟るのと同じ効果があります。

”気持ちいいけど、よけいひどくなる”

じゃあ、どうすればいいのか。

一つの方法として、ツボのように押したらズーンとするところを避け、
逆に押しても変に感じにくいところを押します。

鈍くなってるところを優しく刺激してると、本来の状態にもどって
鈍さがなくなってきます。

こうなればOK.

これを体中で探して同じことを繰り返します。

そして、もう一つ重要なことは、

”痛みがとれてるかどうかにこだわらない”ということ。

結果として改善すればよいわけですから、その場で痛みがとれてなくても、
翌日だったり、2,3日後にとれていればそれでいい。

全身をやって、それでも痛みがとれてなくてもそこで深追いせずに終了する。

そうすることで、回復がずっとはやまります。





スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。