スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑固な肩凝りと片頭痛。

2015.02.23 12:53|肩こり
ご紹介で奈良の桜井からお越しの30代の女性Mさん。

「5年ぐらい前に今のデスクワークをはじめてから、もう肩がこって、どうしようもないんです」
「肩が凝ると、頭痛がしてきて、週に一回ぐらいもどしてしまうぐらいひどいです」

しんどいと近くのマッサージにいかれてたようですが、
楽なのは、ほんの1,2時間だとのことでここしばらくはやめられてるようです。

問診のあと、お体を診ていきます。

確かにお仕事中に、左肩を中心に緊張が蓄積しているようです。
これらの蓄積をとっていって中心にある首の緊張を解除して確認。

「おー!すごい首が楽になった!!」
「でも肩というか、肩甲骨?のあたりが、なんか背負ってるみたいに重いです」

大腿部を中心に両脚にも緊張の蓄積があるので、これらを解除。
右足首の怪我のあとの緊張を解除して確認。

「あ、ほとんどなくなりました。まだちょっと薄皮張ったみたいな感じがあるけどそんなに気にならないです」


2週間後、2回目


「あれから、4,5日はまったくなにもなかったんですが、またじわじわとでてきました」
「前回来る前の半分ぐらいのしんどさです。頭痛はないです。肩凝りだけかな」

前回同様、下腿部の緊張が残っているので、

バランスの調整をしながら、下半身の緊張をとっていきます。
芯にある、下腹部の緊張を解除して確認。

「あ、大丈夫。今日はとれるの早いですね!」


蓄積があまりないので、今回は短時間で終了しました。
施術後、お話をうかがってると、自転車通勤で坂道を毎日1時間ぐらいかかるらしいので、
そのときの脚の疲れが肩に連動しているようでした。


しっかり足湯していただくことと、
下半身をたまにゆるめにマッサージしておけば、以前のような辛さはでないと思います。

2か月後にメンテのご予約をいただいてひとまず終了。






スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.07 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。