スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立ち仕事と踵の痛み その1

2015.02.27 16:35|足底筋膜炎

神戸からご来院のSさん。女性。
百貨店での販売のお仕事。

去年の秋ごろから、左かかとが痛くなり、徐々に悪化。
今年に入って右足も同じようにいたくなる。

はじめは朝だけだったが、だんだん夕方仕事終わりにも痛くなり、
今は立ってるときはずっと痛い状態。

痛い部分も踵だけだったのが、土踏まず、甲と広がり、
今は両脚のフクラハギまで全体に痛みがある。

「とにかく立ち仕事が辛くてしょうがないんです。このままだと仕事が続けられないかもしれないと思って今日は京都まで来ました!」

大阪の別の足底筋膜炎の治療院にいったそうですが、
5回ほどかよってほとんど変化がなかったそうです。

防御反応が強すぎるケースか・・・

さっそく診ていくことにします。
施術前に、
どの要因がカラダを緊張させているのかをサーチしていきます。

大枠で、要因をとらえたところで施術開始。

ほとんどは冷えからの下腹部の緊張が主因のようです。
立ち仕事での防御反応。
直立位でのバランスの調整などをして確認。

「足裏は痛いですけど、フクラハギはいたくなくなっています!」

股関節、膝、骨盤の修正。

「右足は甲は大丈夫ですけど、踵に残ります」
「左も甲は大丈夫で、土踏まずが痛い!」

股関節、腰椎の調整。
首の調整をして確認。

「両方とも踵が痛いけど、それ以外はなくなっています!」

徐々にもともと痛かった踵だけに痛みを感じるようになってきました。
順序良く抜くと、
ちょうど巻き戻ししてるように、痛みが元の状態にもどっていきます。

初回はここまでで時間切れで終了。
緊張の蓄積量が多いのと、防御反応で痛みがとれづらいですね。


次回は、一週間後。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。