スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足裏のひきつるような痛み。

2015.03.02 18:16|足底筋膜炎
徳島からご紹介でご来院の50代女性Mさん。

去年の末から、足裏にひきつるような強い痛みが出て、
家の外にでるのがきついような状態。
お買い物も代わりにご主人がされてるそうです。

今日はご主人の運転で来院されました。

院内を歩行してもらって、痛みを確認。
確認するまでもないぐらい、びっこをひいておられます。

「左足の裏が痛いんですけど、今はかばってるのか、お尻のあたりもビリッと痛みます」

まずは、
お体の状態をみて、大まかに原因層をみていきます。
全体的にはそれほどひどい感じはないので、局所的な要因があるのだと思います。
あとは足底の痛み特有の内臓系の冷えが反応。

全体を把握したところで、施術に入ります。

骨盤の修正。
左股関節、右足首の緊張を解除。
これも冷えからくる内臓系の要因のようです。

ここで一旦確認。

「足裏は痛いです。あんまりかわりません。でもお尻は全然痛くないです!」


腹部の強い緊張層がなんども反応します。

「おなかに何かキズあります?」

「はい。えっと帝王切開したのでそのあとがあります!」

なるほど。
手術痕と腹部の緊張層の連動を解除して確認。


「あっ!なんか楽です。でも、痛いのがアキレス腱のあたりに移動したみたいです」

同じ個所からまだ緊張反応があります。

これが、股関節に連動しているので解除して確認。


「大丈夫です。すごい。全然痛くないです」

「私、帝王切開を二回やってるんです・・」


なるほど。
それで思ったより腹部の緊張が深かったんですね。

もう一回施術するか迷うところですが、
遠方なので、もしまた痛みが残ってたら来ていただくことにして、一旦終了しました。

あとは冷え取りをしっかりやっていただければ大丈夫だと思います。








スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。