スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整体の考え方。

2015.03.08 10:30|京都整体日記

「なんで、足にさわってるだけなのに、肩凝りがなくなったり姿勢がよくなったりするんですか?」

クライアントさんにはよくそう聞かれます。

説明が難しいのですが、
一般の治療法の場合、
たとえば、骨盤が歪んでいれば、ゆがみと逆方向に圧力を加えて矯正することが多いと思います。

これが、たとえ弱い圧力であっても、
他の部位にはどんな影響がおこるのか術者には予測がつかないのが実際です。

歪みが起こる場合、
歪みを起こす原因がかならず存在します。
どこかから引っ張られない限り、ゆがみは生じないからです。

当院の施術は、そこに着目しているので、
ゆがんでいる部分ではなく、その原因にアプローチします。

そうすると、直接歪みに圧力を加えなくても、
原因されとれれば、
身体には元に戻そうとする力があるので、勝手に戻る。

こんなふうに調整しています。

一般的な整体は、変化を起こすために何かを行うという足し算の考え方。
当院は、原因をとれば前の状態に戻るという引き算の考え方でおこなっています。

引き算のほうが、安全で、
患部だけではなくカラダ全体が同時によくなっていくという利点があります。





スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.01 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。