スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長年の腰痛の原因。

2015.03.22 16:27|腰痛

紹介で、滋賀県の米原からご来院のTさん。

30代女性。
10代後半のころからの腰痛で、時期によって強くなったり弱くなったりするが
ずっと腰の痛みには悩まされてる状態。

とくに、長時間座ってると、肩甲骨の下あたりにズキズキッという激痛が走る。
調子がいいときも、この状況は同じなので、
座り仕事はできず、なるべく立って動くような仕事にずっとついておられます。

今日は、状態はあまりよくなく肩甲骨の下からお尻まで全体的に
鉄板が入ったような感じ。

問診のあと、施術に入っていきます。

全体を覆っているストレス系の緊張。
下腹部の冷えを解除。

目から腰への連動を解除して一度確認。


「おしりから腰は軽くなりました。痛いのが上に上がったみたいです。背中と腰の真ん中あたりに芯みたいなのがあります」
「痛いところがはっきりしてきました」

腹部から緊張層がどんどんでてくるのでこれを解除。
全体のバランスを調整。
腰椎3の不調和を解除。

再度確認してみます。

「痛たたた・・・腰全体は軽くなったんですけど、骨のところの芯が一点だけかなり痛い」

全体のバランスをとって、この一点の痛みが3割程度残った状態で初回は終了。


2回目、10日後。

「やってもらってから、一週間ぐらいは、ほんとに自分の体かな?って思うぐらい軽かったです」
「でも、一昨日ぐらいにちょっと座ることがあってそこからまたちょっと痛みがでてきました・・」


まずまず順調な感じですね。

前回同様に施術していきます。

腹部のストレス系の背面への連動。
右股関節の可動。
臀部の緊張解除して確認。

「この前と同じ痛みがでてきました・・。」
「これって、たぶん中学ぐらいのときに、組体操で上から落ちた時に打った時の痛みに似てるんですよ!」

下腹部から患部への連動。
首、肩から患部への連動を解除して確認。

「今やってもらってるときに、ふっと楽になりました。ちょっと痛みの残像というかそんなのが残ってるだけです」


2回目はここまで。


3回目、一週間後。

「調子いいです。3,40分座ることがあったんですけど、なんとなーくじわっとしたぐらいで気にならなかったです」
「あと、今の時期花粉がきついんですけど、ここに初めて来てから鼻の調子がすっごくいいんです」

回復力がでてきたんですね。
もう一息。

もうほとんど反応はないので、
お仕事柄よく使う部分の疲労、花粉症。
座った状態での施術をして終了しました。

もともとの腰痛の主要因は、
子供のころに、組体操をして転落したときの打撲痕だと思います。
打撲痕の緊張に、
他の様々な緊張が連動し、多層になったので自然治癒しなかったんだと思われます。

長時間すわることにはまだ不安があるとのことだったので、
ひと月後にメンテナンスのご予約をいただきました。







スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.03 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。