スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半月板損傷と歩きすぎ。

2015.04.18 13:03|ひざの痛み

「一日中、立って動きっぱなしの仕事をしてるんですけど、もう膝が痛くて痛くて」
「杖がないと歩けないです」

八百屋さんを営んでおられるMさん。女性。
半年ほど前から、右ひざが痛みだし、病院でMRIの結果”半月板損傷”と診断。
手術を勧められましたが、仕事を休めないので紹介で来院されました。

膝の他には、

・慢性的な肩凝り
・右手の腱鞘炎
・腰の重だるさ

があります。

問診のあと、施術に入ります。

冷えからくる緊張が、体の広範囲を何層も覆っています。

下腹部手術痕と右股関節の連動を解除。
ストレスからくる内臓系の緊張解除。
ここで一旦確認。

「うーん。あんまり変わってませんねえ。」
「ああ、でもなんか腰は軽いです。さっきまでドスーンと重かったのに」

鎖骨のズレによる右手首の緊張を解除。
肩全体のバランスを調整

「膝がちょっと楽になってきましたさっきよりは軽いです」
「右手首は普通に動かせますわ。すごい!」

全体のバランスを再調整。

初回は、膝は10段階の6ぐらいまで。
肩、腰、手は10-0まで回復。

膝は、痛いのを我慢して歩きすぎたため防御反応が強く働いているようです。



2週間後、2回目。

「やってもらってから、一週間ぐらいしてから急に膝が楽になってきました」
「今日は10段階の2ぐらいになってます」
「杖ももうほとんど使わなくてよくなりました」
「腰はもう気にならないです。手首はちょっとだけ痛いけどだいぶマシ。」


一週間ぐらいで足の防御反応がとれてきたみたいですね。

冷えからくる緊張を解除して、
右股関節の連動、
腰の連動を解除して確認。

「大丈夫です。なくなりました」

あとは、全体のバランスを整えて終了。

これで、もう大丈夫だと思います。
たまにぎっくり腰を起こすのが怖いとのことなので、
ひと月後にメンテナンスのご予約をいただきました。






スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.03 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。