スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足裏の外側の痛み。

2015.06.25 18:19|足底筋膜炎
一年ぶりに来院された大阪の40代の男性Sさん。
テニスのコーチをされてます。
去年は、坐骨神経痛で3回ほど通院されました。

「今日はどうされたんですか?」

「あれからずっとよかったんですけど、2か月ぐらい前かなあ。足裏の外側がものすごく痛くなってきたんです」
「病院で注射うってもらったんですけど、全然効かなくて、今日やっと予約がとれんたんできました」
「あと腰をちょっと右にひねるとズキっとしますわ」

問診のあと、お体の状態をみていきます。

冷えからくる緊張層が、足首とひじ関節にはいっています
同様に冷えからくる内臓系の緊張を解除。

これで一旦確認

「足の痛みがちょっと軽くなってますね。腰もひねる角度がだいぶ深くなりました。まだちょっと痛いかな」

冷えからくる右半身の広範囲の緊張を解除。
下半身全体の緊張を解除して確認。

「足の痛みはなくなりました。なんかちょっと動きが重いぐらい。腰は、さっきと同じぐらいです」

捻挫あとと思われる足首の可動制限を解除。
下腹部のストレス系の緊張を解除して確認。

「大丈夫です。足の重いのなくなりました。腰は・・うん。なくなってる」


もともとは、
捻挫のあとに、冷えからくる緊張が広範囲に蓄積して、
バランスが崩れたのが、
今回の症状の原因のようでした。

要因が冷えなので、
家でしっかり冷え取りをしていただければもう問題ないと思います。






スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.01 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。