スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩くと足裏が引きつるように痛い。

2015.07.12 13:33|足底筋膜炎

東大阪からご来院のSさん30代女性。

3か月ほど前から、朝起きた時に足裏が痛いという症状が出始める。
ネットを検索して、
ストレッチなどをしても、改善しないので、いくつかの治療院にいくが、
やっぱり改善しない。

そのうち、朝だけでなく、
昼間も歩くと足の裏が引きつられるような激痛がでるようになったので、

同僚に相談すると、うちを紹介してくれたらしく、来院されました。

問診のあと、
お体の状態をみていきます。

症状の原因をひもといてみると

・冷えからくる消化器系の緊張
・ストレス
・左股関節の可動障害
・腰の緊張

この4つが原因のようです。

これらを、
最前の緊張層から解除していきます。
そんなに深くない層から、症状の本体の反応がでてきます。

全体的な緊張は多くないようで一安心。

これらを解除して確認。

「歩く時のビリッビリッていう痛みがなくなりました。ちょっとはってるぐらいかな」
「踵はつく時に奥がまだちょっと痛いです」

左股関節の緊張が、再反応しているので解除。

「あれ、大丈夫になりました」
「踵も、かゆいようなへんなかんじがありますけど、もうほとんどないです」


初回はこれで終了。


2回目、一週間後


「前回やってもらってから、次の日は、もう治ったんちゃうかなって思うぐらいよかったんですけど、
また徐々にいたくなってきました」

「やってもらう前の半分ぐらい残ってます」


全体的にほぼとりきったとおもっていたのですが、
まだ何か残ってるみたいです。

来院される前に受けた治療や、
ご自身でされてたケアのやり方から、防御反応の取り残しがあるのかもしれません。

かなりピンポイントに患部付近を刺激されたような緊張層があります。
これら複数個所を解除して確認。

「あっ!とれた!すごい」

防御反応が残ってただけみたいですね。


これでもう問題ないと思います。

痛い部分は、体がその部分を守るために痛みという信号をだしています。
だから、その部分は”安静”が原則。

間違ってもマッサージしたり、ストレッチしたりして、
体の防御反応を逆なでしないようにしてください。









スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.02 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。