スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、無痛施術をするのか。 その②

2015.07.30 22:51|こんな整体をやっています

よくなってもらおうと、施術してることが、逆に体を悪くしている。

自分の生業が、本来の健康と逆行していると気づくのに、
とても長い時間と経験が必要でした。


じゃあ、なにが悪いのか・・・




ようわからん・・




でも、やるべきことは、なんとなくわかっていてた。


いままで、やっていた、

”硬い部分に、強い力で刺激をいれる”

というのと、全く逆のベクトルを行うこと。


一般的に、正しいといわれることの逆をやること。



出来るだけ、弱い力で。


そのためには、限りなく正確に、トリガーポイントをとらえる必要があった。

日々、感覚を磨いて、ようやく正確な位置に、正確な角度で刺激をいれることができるようになった。




「前より、ずっと楽になるようになった!」

「揉みかえしみたいなのが全然なくなりました!」

「楽な状態が長持ちします!」


喜んでもらえたのはとてもうれしかった。


施術すると喜んでもらえ、指名してくれる人もたくさんいて、
日々、充実してたけど、


でも、誰も本質的には、よくなっていかなかった。





















スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.05 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。