スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踵のズキズキする痛み。

2015.09.06 11:00|足底筋膜炎
宮城県からご来院の70代女性Mさん
半年ほどまえから、
朝起きると、踵が痛むようになり、徐々に悪化。
朝の一歩目は、本当に踵と皮膚の間に画びょうが入っているんじゃないかと思うぐらい強い痛みが走る。

近くの接骨院で治療。
教えてもらった踵をクリームでマッサージ、アキレス腱のストレッチなどを実行するが、
だんだん日中も痛くなってきたので来院されました。

ホームページを読んでから、
毎日しっかり入浴するようにされてからは、3,4割は痛みが軽減してきたそうです。

一泊二日で、2回の予定です。


症状の要因を見ながら、解除手法をおこなっていきます。
全体としては、
右半身に強い緊張があって、冷えからくる内臓の緊張と連動することで、
踵に強固な痛みがでているようです。

右半身に症状が集中する理由は、

・右股関節の可動域の減少が一番影響しています

そして、それは、
ずいぶん以前の右足の骨折からきているようです。


これらを解除していって、確認。

「あれっ、踵の痛みがさっきより軽くなった!」

「残ってますか?」

「うーん、残ってると言えば残ってるし、消えたと言えば消えた位少ない・・」

再度、右半身のバランスを調整。

「うん。消えたな・・・キツネにつままれたみたい・・」


初回はこれで終了。


2回目。


「昨日はあのあと、錦市場をたくさん歩きました。そんなに痛くないけどちょっとひびくぐらいかな」
「でも、かなり歩きやすいです」


時間とともに、表層にあらわれてきた緊張を解除して確認。

「はい。痛くない。軽いです!!」

連動ストレッチを利用したセルフケアをお伝えして終了。
踵に関しては、
ケア方法は使わなくても、あとはしっかり入浴すれば消えると思います。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.05 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。