スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野球と成長痛

2015.09.11 13:56|オスグッド病(成長痛)

八幡市からご来院のNくん。
中学2年生。

小学生のころから野球一筋の野球小僧です。
3年ほど前に、野球肘で来院されたことがあり、今回はヒザのオスグット病でこられました。

・屈伸で90度ぐらいまで曲げると痛みでそれ以上は曲がらない
・歩行での痛み
・練習後の痛みで夜眠りにくい
・朝起きてしばらくは膝が痛い

通常のオスグットよりも、痛みが強く、
初動のほうが痛みが強いのはちょっと特殊ですね。

問診のあと、痛みの構成を診ていきます。

通常より特殊なのは、静止時の座った状態での緊張が極端に強いこと。


「N君、ポジションどこやったっけ?」

「えーとキャッチャー。前はピッチャーやったけど」

なるほど。
そういうことですね。

この緊張姿勢での、

・内臓系の緊張
・股関節の影響
・肩の動きの制限
・首の動きの制限

これらを解除して確認

「痛くないです。あっ、曲げるときより伸ばす時が痛くなった!」

再度、内臓系の緊張層を解除して確認

「伸ばす時も大丈夫です」

「先生・・・、あの、肘も痛いです。言うの忘れてた・・・」

内臓系からくる、肘、肩の可動制限をとって確認。

「肘も痛くないです・・」


冷たいもをのみすぎたみたいですね。
もうすぐ試合だそうなので、
その試合の様子で痛みがあるかないかで次回の施術を判断することにして、
いったん終了しました。









スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。