スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体を整えるためのマッサージ その②

2015.10.18 10:22|京都整体日記
前回は、
とにかく踵付近は揉んではいけないというのをお伝えしました。


では、どこをマッサージすればいいのか。
答えは、背中です。


二足歩行する人間は腰で本来体重を支えています。
そして、その腰のチカラが落ちることから、体の崩れがはじまりますので、
体幹のケアがとても大切。


だから、緩めるのは背中から腰付近。


ここで注意する点があります。
押して、ズーンと来る
''”ツボ”のようなものは触ってはいけないんです。''


うつ伏せに寝てもらって、
背中を押す。


そうすると、
ズーンと来るところと、
鈍くて、あまり感じないところがあります。


マッサージは、
この鈍くて、あまり感じないところがポイントなんです


この鈍いところを押したりさすったりしていると、
ちょっとずつ感覚が戻ってくる。


背中から腰の鈍いところがなくなったらOK!
これで左右のバランスが整ってきます。


そうすると、
不思議なことに、さっきまで押したらズーンときてた、
ツボのところ、押してもズーンと来なくなるんです。


つまり、バランスが整ったということ。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。