スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成長期の足裏の痛み。

2015.10.23 13:42|京都整体日記
名古屋からご来院の小学校4年のMくん。
サッカーをされてます。


ちょうど二か月ほど前にサッカーの練習後に、
右かかとが痛くなり、翌日も練習してると、
左の踵もいたくなってきました。


安静にしても痛みが引かないので病院へ。


一件目で、
シーバー病
二件目で、
足底筋膜炎

と診断されたそうです。
同じチームの友人の紹介で来院されました。


慢性痛は整体という観点からみると、
病名にはあまり意味がありませんから、
どちらでも対処法に大差はありません。


・右足はストレスの影響
・左足は、臀部の緊張と、消化器系の内臓の緊張の影響


この2点がメインのようです。


施術で上記の緊張を検索、解除して確認。


「あれ、右はなくなりました・・。
ひだりもマシですけどまだちょっと・・」


内臓系の緊張に再度アプローチして解除、確認。


「あっ!痛くない。」


「押しても痛くない!」


外に出てもらって
通りを50メートルほどダッシュして
痛みが全くないのを確認して終了しました。


今回のは、シンプルなケースでした。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.03 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。