スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラシックバレエは体に悪いのか? その①

2015.11.09 13:53|京都整体日記

当院には、クラシックバレエをされてる方が多数来院されます。
プロの方、大人になってからはじめた方、小中学生。


そんな中で、よく聞かれるのが、


「クラシックバレエって体に悪いのですか?」


というご質問。
整骨院など、治療家の中には、バレエは体に悪いから、
やらないほうがいいという方が確かにおられます。


これはなぜなんでしょうか?


骨格的にみると、
直立二足歩行する人間は、
背中の生理的湾曲というS字カーブがあって、
これによって体重を効率よく支えています。


バレエで引き上げをしたり、
無理な姿勢をとることで、この湾曲が少なく、
まっすぐに近くなっていきます。
これによって体を痛めることが多いという理由からだと思います。


しかし、
私がバレエをされてる方を診ていて思うのは、
このS字がまっすぐになった状態が、
それほど体の痛みには影響していないということです。


バレエの無理な姿勢=体の痛み


ではないということだと考えています。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。