スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安静にして治す。動いて治す。

2015.11.21 14:50|京都整体日記

「急にどこかが痛くなったとき、どうしたらいいんですか?」

とよくきかれます。

私の場合は、

・患部を刺激しないこと
・しっかり入浴することと、
・冷たいものを飲まないようにすること、
・安静にすること

以上の4点を気を付けてもらいます。

動いて治す場合は、どうなるか。

前回お伝えしたものと同じく、動くと筋肉のバランスがかわります。
バランスが変わると、緊張が分散するので痛みがとれることがあるので、
この現象を利用したものです。

動いたり、筋トレして痛みがとれるのは、
あくまで、緊張の分散によるもの。
一時的なものなので再発しやすいです。

また、状態によっては痛い部分を動かすことで悪化する可能性もあります。

悪化、慢性化でこじらせることが多いので、
私は安静をお勧めしています。

「何かをしたから治ったのではなく、
何もしないから治った」

これが本当だと思います。
















スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.05 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。