スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立ち仕事と足の痛み。

2016.02.08 16:36|足底筋膜炎

姫路からご来院のTさん。

一年ほどまえから、仕事中に踵が痛くなり、
昨年秋ごろから悪化。
今は、仕事をはじめて、昼ごろになると立っていられないぐらいの痛みになる。

お仕事は、魚屋さんで早朝から外での作業が多いそうです。

他には慢性的な腰痛があります。

一日中立ち仕事+屋外の作業ということで、回復には条件があまりよくないですね。


「いや、もうなんとかしてもらわんと、仕事ができんようになりそうですわ」

問診のあと、お体の状態を診ていきます。

・ストレス系の緊張層
・左股関節の不具合
・尾骨
・右足首
・消化器系の内臓

このあたりからの影響が強いようです。
これらを、順序よく解除していきます。

初回の確認

「あれ?なんかちょっと軽くなった気がする・・でもまだ痛いです」

二回目

「ん?左はなんともないですね。右はさっきより痛い部分が狭くなってます」

何度か確認を修正を繰り返して、最終

「ああ、なんかちょっとだけ痒いような感じがありますけど、今は痛ないですね」


初回は一旦これで終了。


二回目、一週間後。

「あきませんわ。やっぱり痛いです。ひるすぎると立ってられないです」

「腰はどうですか?」

「え?腰?そういやなんともないですね・・」


もともとあった腰痛は大丈夫そうです。

2回目も前回と同様に痛みがゼロになるまで確認を繰り返して終了。

前回よりも工数も少なく、変化も早いです。


3回目、10日後。

「なんか、ましになってきましたわ。痛みはまだあるけど、
日によって全然痛くない日もでてきました」

「でもやっぱり朝起きたときは痛いですね」

回復力がだんだんでてきたようです。

前回同様の施術で、
痛みがゼロになるのを確認して終了。

4回目、1週間後。

「なんかね!大丈夫そうな気がする!まだ夕方は痛いときはあるけど、
朝はもう全然ないですわ!」

今回は、短時間で終了。


これで、もう大丈夫だと思います。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.01 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。