スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次から次。

2016.02.22 13:32|足底筋膜炎

ひどい足裏の痛みでお悩みの三重県からのDさん。

工場勤務をされてますが、
足裏の激痛のため、一週間ほどまえから休職されてるそうです。

工場だと地面も固いし、寒いしで辛そうですね。

問診のあと、
お体の状態を診ていきます。

緊張層が非常に膨大な量ですが、
あまり気にせず、上からサクサクと取っていきます。
一旦落ち着いたところで確認。

「あれ?足全体が痛かったのに、カカトだけになりました!」
「先生、こんなすぐに変わるんですね・・・」

はじめての方は、おどろかれますけど、
無理に患部を揉んだりしてなければ効果はわりとすぐに出てきます。

緊張層を片っ端からとっていると、

「痛っ!!!いたた・・・」
「先生、お尻がめっちゃ痛いです。なんです?これ?」

「お尻の痛み、今までなかったですか?」

「ああ、そういえば、一年ぐらい前に階段から落ちて尻餅をついたときと同じ痛みですわ」

浮上してきた緊張層をとっていくと、

「ああ、なんか楽になってきた・・・あ、消えた」

緊張層の消失と同時に痛みも消えました。

まだ、出てきます。
だいぶため込んでたんですね。

「うわ!今度は右肩が痛い!いたた・・・」
「昔、事故したあとのムチウチの痛みですわこれ・・」

なんかどんどんでてきますね。
古い緊張層の防御反応をとって確認。

「うわ。すごい。さっきの肩の痛みもない!」

蓄積が多いんで、足裏の痛みは安定するのに、あと2回ぐらいはかかりそうですね。

一回目はここまでで終了。

身体の不具合は、解決していなくても、
さらなる緊張が蓄積すると感じなくなって体の奥底に残っていることがよくあります。

施術がちゃんとできていると、
時間を巻き戻すように、昔の痛みが一時的に顕在化することがありますが、
これらをとっていくことで、
痛める前の体の状態にもどっていきます。

それにしても、初回でこれだけでてくるとご本人もびっくりするでしょうね。








スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。