スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛い時に鍛えるのはNG!

2016.02.28 15:54|プライベート

施術していて、一番痛みが取れにくいのは、防御反応。

痛い所を、マッサージしたり、
確認する癖があったり、鍛えたりすることで起こる二次的な痛みです。

関節痛が起こると
なぜか筋肉がないから痛くなるというよくわからない説が一般的になっています。

鍛えることは否定しませんが、それはあくまで治ってからの話。
痛い時に鍛えるというのは、
風邪を引いてる時に水浴びをするようなもの。

ときには、その場では痛みが軽減したりしますが、
結果としては確実に回復期間がながくなります。

くれぐれも痛い部分には何もしない。
何かをして治るのではなく、何もしないから治るという風に考えてみてください。








スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.03 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。