スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足裏に小石がつまってるような違和感。

2016.03.31 13:56|足底筋膜炎
三重県からご来院のMさん。
60代、女性。

「2,3年まえから、歩くと足裏に砂利を踏んでるような違和感があって、
鍼とかいろいろやったんですけど、治らなかったんです」

「今年に入ってからそれがひどくなって、まえより砂利というよりビー玉がはいってるような感じがして、
うまく地面をつかめない感じになってきました」

たまに足底筋膜炎や坐骨神経痛と診断されて、
この足裏の小石を踏んでるような感覚がある方がこられますが、
痛みに比べると治りが遅い印象があります。

問診のあと、施術を展開していきます。

・冷えからくる下腹部の緊張
・右股関節
・仙骨
・帝王切開の手術痕
・全身のバランス

これらを含む緊張層を順序良く解除して確認。

「ちょっと、ビー玉みたいなのが小さくなってきました」
「歩くのがさっきまで雲の上を歩いてるみたいだったんですけど、
安定してきました・・」

同様の解除をして再確認

「砂粒みたいな感触になって、その厚みがうすくなってきました」

手術痕に絡む複雑な緊張層を解除。

「さっきよりまた薄くなってきました」
「砂粒というより、足裏にゴムの板が張り付いてるような感じになってきました」


初回は時間切れで終了。

2回目、一週間後。

「じゃりじゃりする感じはありますけど、前よりずっと楽です」

前回もかなり緊張を解除しましたが、
まだまだ大量の蓄積層があります。

古い緊張層を解除すると、下からまた緊張が湧き出てくる感じです。
これらを解除して確認。

「あっ、いいかも?靴下をもう一枚履いてるようなかんじになってきました」

下腹部のストレス系の緊張を解除して再確認。

「はい。あるのはありますけど、もうそんなにきつくないです」


この違和感を完全にとりさるのは、簡単ではなさそうですが、
あとは、月一のメンテナンスで徐々にとっていけば問題なさそうです。






スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。