スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足底筋膜炎と自律神経失調症

2016.04.18 18:05|足底筋膜炎
台湾からの留学生Cさん。

「2年ぐらい前から足底筋膜炎になって、自律神経失調症にもなって漢方で治しました」
「自律神経はましになったけど、足底の痛みは全然治らないんです」

日本語ばっちりなのでよかった・・

問診のあと、施術を展開していきます。

・右仙腸関節
・下腹部の冷え
・ストレス
・右足首

レイヤーを解除しながら、上記の要因を施術して確認。

「あ、痛いのが50パーセントぐらいに減りました・・」

同様に緊張解除で再度確認。

「あれ、もう痛くない!」

念のため、カカトを押してもらって確認。

「ちょっと痛いです」

緊張層をみていきますが、もうあまり残ってない状態なので、
再度問診。

普段足底サポートのインソールをされてるとのことだったので、その影響を解除。
押してみて確認。

「ないです!、100%取れました!」

2回目、一週間後。

「あのあと調子いいです。まだ30パーセントぐらい残るかな・・・」
「あと、今日は目が凄く疲れてます・・」

目の状態を診てみるとほぼストレスのみの反応。

ストレス系の緊張、
歩行での防御反応
右仙腸関節のずれを解除。

「あ、もう大丈夫。全然大丈夫になりました!」


これで大丈夫だと思います。
台湾ではあまり入浴の習慣がないらしいので、
しっかりお風呂につかることをお伝えして終了。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.07 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。