スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三角骨障害で苦しむ女の子 その3

2016.05.26 16:29|股関節症
一週間後、
3回目の施術。

「先生、あれから足の痛みはほとんど気にならなくなりました!」

「おー、よかったですね!」

「それが、足の痛みがなくなったなーと思ってたらその日から左の股関節がすごく痛くなったんです!」

「ずっと前にも同じ痛みがあったんですけど、その時は注射で治しました」


なるほど。
治ってなくて、注射によって上書きされてただけだったんですね。

体のバランスが整い、治癒力が向上することで、
体内にある未解決の緊張が表面にでてくることがあります。
脳がそれをキャッチすると”痛み”として認識されるんですね。

新しく表層に上がってきた緊張、

・右肩
・右ひじ
・内臓系
・冷え
・左ひざ

これらを解除して確認。

「痛みが大分減りました、でもまだ、回すとボキッと音が鳴ってちょっと痛いです!」

バレエでの動きを想定して
バランス調整して確認。

「あ!すごい。股関節がめっちゃ軽くなりました!」

股関節も、足首も、
これで大体大丈夫だと思います。


練習量が多いので、
20日後にメンテナンスのご予約をいただきました。

三角骨障害は、
骨のトラブルと思われがちですが、
実際には、体のアラインメントの崩れによる筋肉の痛み。
筋痛だと思われます。








スポンサーサイト

タグ:バレエ 三角骨障害 アキレス腱炎

Comment

非公開コメント

| 2017.01 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。