スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人によってなぜ回数が違うのか。

2016.06.16 10:26|身体考

「○○君の症状は一回でよくなったのに、なぜこの子は4回かかったのですか?」

こんな風に聞かれることがよくあります。

病名が同じなら、私もあなたも同じように回復するはず、
と思う人が多いのですが、実際には人によって違います。
簡単に言えば個人差ですが、その個人差にはどんなものがあるのでしょうか。

①蓄積量
身体の不具合は、自律神経が起こす緊張の蓄積がもともとの原因になります。
そのため、この蓄積量が多ければ多いほど回数がかかります。

②環境
例えばサッカーをしていて、練習量を休んでいる人と、
練習を休まずに痛いけどやってる人では、休んでいるほうが回復は早くなります。

③原因が進行形かどうか
慢性痛の症状の大きな原因の一つに、
心理的なストレスがあります。
このストレスが、もう解決したものか。
それとも今もつづいているかによっても回復具合は異なります。
また、冷えのようなものもありますので、
毎日しっかり入浴しているか、
冷たいものをとりすぎていないかなども大きく関係します。

もし、同じ病名がついていても、
同じようには回復しません。
それは、上記のように病名云々以前に、人によって生活習慣や環境が異なるからということなんですね。





スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。