スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮脱の施術 その1

2016.07.06 17:27|子宮脱

奈良からご来院の60代の女性Fさん。

以前から子宮脱でお悩みになられています。
子宮脱とは、子宮が下がって外にでてしまう症状です。

ご近所の方が、数年前に当院で子宮脱が回復したということを聞いて来院されました。
Fさんは、部分脱ではなく完全脱なので違和感も強く、小水がでにくい状態です。

子宮脱以外には、
首痛と片頭痛がある状態。

あまり経験が多くない施術例なので、
どんな感じになるのか、

問診のあと、施術に入っていきます。

内臓系の歪みが複数反応。
かなりの堆積量なので、一つずつ丁寧に解放。

最終的に状態を確認。

「なんか、首がすっごく楽ですね。頭痛もないです。」
「子宮は、気持ち・・楽かなというぐらいです・・」


初回はいったんここで終了。



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。