スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮脱の施術 その2

2016.07.07 11:12|子宮脱

そういえば、子宮脱とは、って書いてなかったですね。

子宮が本来の位置から下垂したり、膣から外に出てしまうことがあります。
下垂していても、膣内に留まっていれば「子宮下垂」

膣から外に出ている状態を「子宮脱」といいます。
軽度な症状もいれると、出産経験者の半分ぐらいはなんらかの下垂があるといわれています。

原因はさまざまあるといわれますが、
内臓の下垂を防ぐ骨盤低筋群の機能が低下すると発症すると考えられています。

子宮の一部が出ている状態を部分脱、
子宮のすべてが出ている状態を完全脱といいます。

今回のは、完全脱なので、症状は重いケースですね。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.02 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。