スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整体を学ぶということ その1

2016.07.11 11:04|こんな整体をやっています

開業以来、私は、いろんな治療法を学んできました。
よい先生がいるときくと、ほんとにアホみたいに日本中に出かけて行って、
手技をどんどん吸収していきました。

大抵のクライアントさんがきても、
痛みはない状態で帰っていただけるぐらいにはなり、
治療院の運営も安定していました。

でも、
なんとなく、漠然とした不安があって、
この不安の正体を自分では測りかねていました。

なんだろう。
この不安感は。

そして、数年前の、あるとき、
直観的に、

「ああ!このままでは自分は施術家として、ダメになってしまうな」

と感じました。

それを感じた日。

今まで、学んだあらゆる手法を一切捨てることを決めました。





スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。