スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慢性痛のケアで大切なこと その2

2016.07.29 12:52|身体考

刺激を加えてはいけない

というのが、ピンとこない方もおられます。

具体的には、痛みのある周囲を

・揉まない
・叩かない
・ストレッチしない
・サポーターをしない
・低周波などをあてない
・筋トレなどの運動をしない

などです。

過度のアイシングや温めなどもあまりよくないと感じています。

先日、
30年来の腰痛の方が見えられたのですが、
施術してもなかなか改善しません。

ご本人に、確認したところ低周波治療器を当てているとのことだったので、
中止していただくと、2週間ほどで腰痛は消失しました。

よかれ、と思ってやってることが悪化を招きますから、
まずは、
何もしないを徹底することからはじめてください。



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。