スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

骨折の後遺症 その1

2016.08.04 11:08|腱鞘炎

奈良から2年ぶりぐらいにご来院いただいたKさん。

「先生、去年の末に、自転車でこけて右手首を折っちゃったんです」

「それで、ギプスがはずれてからリハビリをがんばってるんですけど、手首が全然動かなくて・・」


お話をきいてると、病院でのリハビリがかなり無理のある内容で、
手首のストレッチなどが改善をさまたげているようです。

お電話でご予約いただいた段階で、リハビリ方法に問題があるようだったので、
リハビリをいったん中止して、
2週間、時間をおいてからご来院いただきました。

早速施術に入っていきます

・自転車で転倒時の衝撃の影響
・リハビリの影響
・内臓系冷え
・内臓系のストレス
・深層の腰部の筋肉群

これらを解除していきます。

最終の確認で、

「すごい!ちょっと張りが残るけど普通に動くようになりました!」

外旋したときの張りが残りますが、
だいたい80パーセントぐらい可動が回復したところで初回は終了しました。






スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.07 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。