スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マッサージをすると楽になる理由

2016.08.19 15:21|身体考

肩が凝ったりすると、自然と肩に手が行って、揉んだり、押したりしてしまいます。
ツーンと頭を突き抜けるような刺激があって、
揉んだり、押したりしたあとは、楽になった感じがします。


そういう気持ちよさや、経験があるから、
なかなかやめられない。

でも、ほとんどの慢性症状は、痛いところを揉んだり押したりすることによって、
どんどん、慢性化していくんです。

肩コリ(肩の緊張)は、揉むことによって、一時的に分散します。

脳は分散したことを、「一か所の緊張が減った」ととらえて痛みを軽減させます。

これは、一か所に”10あった緊張”が、”5と5に分かれた”ようなものです。

痛い部分を揉むと、脳は、患部を攻撃されたと判断するので、
守るための緊張をいれていきます。

これで、5と5だったものが、8と8ぐらいになります。

つまり、もともとの緊張が10だったのに、
揉むことで、計16にまでふえています。

その人の体に余裕があれば、
多少緊張量が増えても自覚症状はでにくいのですが、
繰り返すことで、緊張がどんどん増えていきます。

こうやって、
「にっちもさっちもいかない」状態になってしまいます。

緊張量を減らすためには、しっかり毎日湯船につかって、
緊張の巣である、内臓を温めてあげる。

これが一番です。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.05 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。