スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靭帯損傷とリハビリ

2016.09.11 16:29|ひざの痛み

静岡県からご来院のMさん、高校2年生。
バスケットボールをされています。

3年ほど前に、シーバー病(かかとの痛み)で2度ほど通院されました。

その後は、なんともなかったそうですが、
今年にはいってから、プレー中に接触して、左ひざの靭帯を損傷。

病院では、1,2か月で復帰できるといわれたそうですが、
その後、半年近くたっても痛みが消えず、思うようにバスケもできないので、
久しぶりに来院いただきました。

問診のあと、

お体の状態を診ていきます。

症状を起こしてる要因は、

・リハビリの筋トレによる防御反応
・サポーターによる防御反応
・腰の緊張
・ストレスからくる内臓系の緊張
・目の疲れ

これらの緊張を順序立てて解放していきます。

以前ご来院いただいてから、
毎日しっかり入浴をされてるようなので、
わりとサクサクと痛みはとれていきます。

最後に、リハビリによる膝関節の可動障害を解除して確認。

「すごい!さっきまで屈伸が全然できなかったのに大丈夫になってます!」

「あっ!今度は伸ばすときに痛くなってきました!」

ストレス系の緊張
眼精疲労と思われる目の緊張を解除して再度確認。

「いけます!伸ばした時も大丈夫です!」

『Mさん、スマホし過ぎじゃないですか?』

「え?そんなこともわかるんですか?暇があったらずっと触ってるんで・・』

筋トレなどの防御反応が主な原因だったので、
これで筋トレをしなければ落ち着いてくると思います。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.01 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。