スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衝撃波治療と足底筋膜炎 その2

2016.10.15 15:12|足底筋膜炎

10日後、2回目。

「右の足裏は、なんかちょっと楽になったような気がします」

「左の足は、前回やってもらったあとからは、一回も痛みがでてないです。」

「右肩に張りがあるのと、あ、でも腰は全然だるさはないです」


やっぱり右側はほかの症状にくらべても、極端に痛みが軽減しづらいですね。


前回同様に、蓄積した緊張層を解放していきます。

衝撃波治療の影響が反応するので、これを解除して確認。

「あ、いいかも。さっきとは全然違います」

「なんか、こう、軽い!」

「まだ、芯が残ります」

この日の最終確認で、

初回が10-3ぐらいまで軽減。


3回目、
10日後。

「まだ、痛いのは痛いんですけど、前みたいな激痛はなくなりました」

「なんか、治りそうな気がします!」

肩、腰、左足などは、その後、なんともないそうです。

体の緊張反応は、全体的に少なく、もうちょっとっていう感じです。
ただ、稀に、深い緊張層が急に表面化してくるケースもあるので、
丁寧に見ていく必要があります。

最終確認で、

「痛みはもうないです。
なんか、かかとにピップエレキバンを張ったみたいな感じが残ります」


4回目、


「先生、大丈夫そうです!」

「あれから、ほとんど痛みがないです」

『エレキバンはったみたいなのはどうなりました?』

「あ、なんかちょっと小さなしびれみたいなのがありますけど・・・・」

「意識しなければ気にならないです」


4回目は、全体を調整して短時間で終了。

なぜ発症したのか、なぜ取れなかったのかを残り時間で説明させていただいて、
終了しました。

きつい治療をなんども経験されてるので、もうちょっとかかるかと思いましたが、
若いので回復も早かったです。







スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。