スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独立すること その4

2006.08.03 01:43|整体師が独立するまで
陶芸家のルーシーリーは、
土を力で押さえ込むんじゃなくて、
土の力、土の持つ性質を理解して、
自然にやわらかくロクロをひくという。

僕の整体の理想も、かぎりなく力をつかわずに、
筋肉の特性、動き、関節の可動を読んで
効果の高い施術をすること。

それまでやってた、
ツボをはずさずに強く押したり、揉んだりという
施術には、効果の限界を感じていた。

力より技。

はやく、そこまで行きたいと思った。
スポンサーサイト

Comment

こんにちは。
まさかルーシー・リーが出てくるとは(笑

自分のコトですが、体力も筋力も貧弱な自分が土と向き合う方法、どういう土を使う、どういうふうに揉む、どういう風に挽く…。

筋力がなかったことでできなかったこともたくさんあり、けれど早く気づけたこともあるかな。

すいません、ズレてますね。
では続きを楽しみにしています。

AKさんへ

お、Akさん。
ご無沙汰してます。

なるほど、力がないから気づけることも
ありますもんね。

男はどうしてもなまじ力があるので、
女性の方が脱力したよい技ができることも
整体でも多いです。

相通ずる

テニスでもそうなんですよね。
力を抜いたほうが、いれた時より、
活きたボ―ルが飛ぶもんです。
先日はありがとうございました。
とても勉強ににりました。
また近々宜しくお願いいたします。

奈良人さんへ

こちらこそありがとうございました。

強い圧でやる施術をしてたときより、
今の方が、患者さんの体全体のことを
考える余裕ができたように思います。

施術における視野がひろくなったというか。

奈良人さん、開業したらまた教えてくださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。