スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひざと足首。

2007.01.27 00:53|京都整体日記
膝が痛くて階段が登れないという人を施術。



35センチほどの高さのうちのベッドに登ってもらう。

ちょっと高いかな。



登ろうと踏ん張っても力が入らないという。



なるほど、そういうことか。




それやったら。


足首と足の指をちょこちょこっとリリース。




これだけで、スッと、ベッドに登れるようになる。
平坦なところも、いままでのようにベッタンベッタン歩くのじゃなく、
すたすたっていう感じで歩けてる。



施術の9割は、見ることと話をきくことだとあらためて思った。



スポンサーサイト

Comment

すごいですね!
分析するもの仕事なんですね。

moroさんへ

moro嬢こんにちは。
歩き方とか、話の内容とか
いろんなところからカラダの
不調を読み取ることがいい結果を
生むのでとても大事なんです。

そういうところが楽しいところでも
あるんですけど。

昔むかし

私の師匠は見て観て診る仕事やと言うてはりましたよ。確かにそう思います。
しっかりがんばってください。

カナイさんへ

おお!久しぶり!
ほんまに、”見て観て診る”仕事ですね。

手技はほんとに、最後の詰めっていう感じがします。これからもずっと磨き続けます。
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。