スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重度のオスグッド症 その一。

2008.01.22 14:32|京都整体日記

数日前、松葉杖をついて13歳のオスグッドの子が来院。

遠方からくる人とは、平均的に症状が重いことがおおい。


でも、これほどひどい状態の人も珍しかった。


膝だけでなく、すねの辺りに触れただけでも膝に痛みがくる。


全く膝を曲げることができない。





とはいえ、オスグッドの症例はかなりあるので、

施術するのに焦ったりすることもない。




全身をみていく。




スポーツをしているわりには、細身な体、


手に集中して、背中の筋肉、お尻、足をみていく。




左のふくらはぎは、ほんの少し触れただけで激痛がはしる。


右足の筋肉もパンパンになっている。


これだけひどいと、へたに長時間の施術をすると体に無理がかかる。



短時間で終了しないといけない。






スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。