スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坐骨神経痛の施術

2008.03.24 12:52|京都整体日記
開業してから、不思議に思うのは、

季節や、気候にも関係なく、同じ症状のひとがなにかのタイミングでかさなること。


今週は坐骨神経痛の新患さんが、5人もこられた。




そのうちの一人、女性、Sさん。

ご主人につれられて、奈良からの来院。



はじめ、足が痛そうにびっこをひいてこられたので、
捻挫かと思ったが坐骨神経痛らしい。



座ると激痛。

うつぶせ、仰向けとも痛くて寝られないので、横向きに寝たまま施術。



3、4年まえだったら、これだけ重症の人が来られたら冷や汗がでたけど、

今は、冷静に観察できる。



病院の診断は、いったん、横に置いといて、自分でしっかりと診てみる。


どの筋肉がはっているか。関節の問題なのか、筋肉の問題なのか。



横向けで、2,3分施術。





うつぶせになれるようになった。


相手を痛がらせないように、最深の注意をはらう。




一回目の施術は約30分程度で終了。



ベッドから降りたら、てくてく、普通にあるけるようになった。

座る以外の動作は、まったく問題なさそう。




次回の予約をきくと、


ご主人が、



「ちょっとでも、はやく楽にさせてあげたいので毎日でもおねがいします!!」



とおっしゃる。



ああ、奥さんは幸せもんだなと思った。














スポンサーサイト

Comment

はじめまして以前からブログ拝見させていただいてます。確かに同様の症状の患者さんが重なりますね。3月2週目はギックリ祭りかと思ったり、
3週以降は坐骨神経痛の特売セールかと思いました。腰痛持ちの私自身の腰が違和感を感じた時点で患者さんに注意を呼びかけるようにしています。
痛みを忘れて花見ぐらい行きたいですもんね。

96nekoさんへ

はじめまして。
ほんとになんで重なるんですかね。
今週は、捻挫weekでした。
自分の身体を指標にするのもいいかもしれないですね。参考にさせていただきます。
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。