スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中指の大事。

2008.09.06 23:49|京都整体日記

最近、中指のつかい方に特に気をつけている。


施術上、僕の理想の形で、相手の体を、自分の体をコントロールするのに

中指が非常に大事になってくる。




その線で、日々、施術法を改良していったら、痛みの取れ具合が格段にあがった。




あと、今年の後半は、マクロな部分を少しずつうめていきたい。






スポンサーサイト

Comment

中指ですか、ますます精度が向上しているのですね。

私、やっと、今の施術ベッドに慣れてきたのですが、もっと使いやすく、もっと腰の痛まないベッドを作ることを計画中です。

mituさんへ。

中指、意識するとやっぱり施術のソフトさや
メリハリが全く違ってきますし、
相手の身体が大きくてもコントロールしやすくなるのでもっと研究の余地があると思います。

ベッド、今のうちのベッドのような低くて広いやつを使っておられるんですか?

ベッド

高さ40cm、幅60cmで肩の施術の時は腰を伸ばせてちょうど腰痛予防にいいのですが、膝の手技の時に狭くてもたついています。

mituさんへ

こんにちは。
ベッドの好みはいろいろありますもんね。
是非、一番ご自身にあったベッドつくってくださいね。
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。