スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

篤姫。

2008.11.17 10:25|この本はおもしろい!
幼少のころから、時代劇をこよなく愛しているので、



大河ドラマ”篤姫”も毎週かかさずみている。



昨日も、友人とビール片手に観た。







いつも気になるのが、徳川慶喜の存在。


平幹次朗さんの息子さんが演じておられるのだが、

なんともいえない迫力とふてぶてしさを感じる。





歴史上、慶喜は最後の将軍として、政権を朝廷に返上して、江戸で謹慎し、

余生を趣味に生きた人物だが、





とても、そんな印象をうけない。




劇中の彼なら、蝦夷地(北海道)を担保にしてでも、フランスあたりから戦費を調達して、


長州、薩摩に怒涛のごとく侵攻しそうな面構えだ。







やってくれ慶喜!!




歴史観むちゃくちゃになってもいいから、




慶喜よ、おもいっきり暴れてくれ!




と心の中で、叫びつつ、大河ドラマをみていた。





スポンサーサイト

Comment

あつひめ

この時間は家にいないことが多いので、昨日、ひさびさに見たのですが、宮崎あおいちゃんの、他のベテラン女優さんに負けない貫禄にびっくりしました。

あの彼はミキティーの息子さんだったんですね!なるほどなるほど、納得のふてぶてしさです。


サラリーマンネオでやってた、「厚姫」(厚かましい姫島さん)がかなりツボでした。

最近のえねっちけーはイッちゃってますよね。教育テレビなんて、子どもにナニを教育しようとたくらんでるのか!と思うほどマジクオリテイ高ういっしゅです。




のぞみ。さんへ

えらいご無沙汰してます。
NHKはレアな番組おおいですな。

そういえば以前、錦の市場でミキティー本人をみました(なぜか漬物屋で)
長身、小顔でとてもかっこええおっさんでしたよ。
のぞみ。さん、たまには遊んでください。
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。